画面を通じてモノを買う。そこに至る購買心理と欲求の分析。また販売者の技術研究。ネットショップの総合研究所。

送料無料で、ついで買い訴求

送料値上げにご注意 特にお客様が気にされる要素の一つが「送料」です。今年4月の増税で、大手運送会社の値上げにより、その影響を受けたお店が多くあります。理不尽に感じた店舗さんも少なくないでしょう。しかし、もっと理不尽に感じている方がいま…

詳細を見る

縦長ページのヘッダにご注意

今回のテーマは「縦長ページのヘッダにご注意」です。 ■ヘッダも縦長になってくる 縦長ページを効果的に使っている店舗は多くありますが、それらのサイトでありがちな傾向があります。それは「ヘッダ…

詳細を見る

ストーリーに共感するから、マイナー商品が売れる

弊社ではECに興味を持った方や、EC業界に就職したいと言う学生から相談を受ける事があります。「ECを知るには、ECで働く為のスキルを得るにはどうしたら良いですか?」私が必ず言う言葉は「まずはやってみて」です。 最近は無料でネットシ…

詳細を見る

「きれい」とコンバージョンは比例しない

さて、本日は「綺麗とコンバージョンは比例しない」です。 ネットショップの接客は商品ページとなりますが、綺麗なページだからコンバージョンが良いとは言えません。極端な話ですが、写真一枚とテキストしかないページが売れているならネットショップ…

詳細を見る

伝えたい時は、あえて情報を減らす

このところ、地方の活性化を感じる機会が多々あります。今やTVでもひっぱりだこの、ご当地ゆるキャラ。昨年ヒットしたドラマあまちゃんから勢いを増した、ご当地アイドル。地方を舞台にしたアニメは観光客の増加に貢献し、作品によっては年間の観光客が1…

詳細を見る

デザイン以前に画像選定にセンスが問われる

色々なサイトを見ていると、画一的に画像を配置している時が見られます。統一感という側面もありますが、ECにおける商材視覚的要素は何だかんだ非常に高いです。 望ましいのは「その画像の最も良い所」を全ての中心軸にレイアウト構成する事…

詳細を見る

そのヘッダ、縦に長すぎですよ

アマゾンが2014年4月より、直販による酒類取扱いを開始しました。特に地酒には力を入れており、日本酒では1,000種以上、焼酎では1,400種以上。非直販も含め合計15万種以上におよぶ酒類の取り揃えは、日本最大級の規模です。お得感の…

詳細を見る

右脳で感情を揺さぶり、左脳で論理を考えさせる

弊社ではインターン生が実際にEC店舗を運営しています。 その際にインターン生から様々な質問が出るのですが、毎回聞かれる「売れるECデザインとは?」の話。改めて基本的な考えは重要だと思い、お伝えします。 私がECサイトをデ…

詳細を見る

シンプルな自動表示風に見せたら、逆に訴求力が上がる例

アマゾンなどで有名なリコメンド機能、今やECでのクロスセル(ついで買い)訴求において大変有効な手法です。「この商品を買った人はこんな商品も買っています」という文言は、多くの人が目にした事があると思います。また、そのような機能がないシステムの…

詳細を見る

送料上がり過ぎ!そんな今こそ送料無料で、ついで買い訴求

今年度の売上はいかがでしょうか。駆け込み需要で3月は好調だったものの、4月の買い控え、ゴールデンウィークでの消費減少と、苦戦しているお店が多いかもしれません。商材によっては、増税自体はあまり影響がないという話も聞きます。とくにAma…

詳細を見る